お知らせ
カテゴリーから探す
RSS RSS

スパム投稿からホームページを守るには?

掲示板やメールフォーム、ブログの欄などホームページ上の多くの投稿型コンテンツは
常に迷惑投稿の危険にさらされています。今回はスパム投稿の傾向と対策について解説いたします。

スパム

スパム投稿とはなに?


スパム投稿とはインターネット上の投稿型コンテンツにおいて行われる迷惑宣伝投稿の総称です。

人間が行うこともありますが多くはコンピュータが多数のホームページを巡回し短期間に大量を迷惑投稿を行います。TPOをわきまえず、ホームページの内容とは一切関係ない宣伝目的の投稿を行うことが特徴です。

スパムは誰が投稿しているのか?


以前は日本国内からの投稿も多く見られましたが最近は大きく減少しました。
現在はスパム投稿のほとんどが海外から行われています。

スパム投稿を防ぐ方法は?


スパム投稿のほとんどは海外から行われていますので日本国内を対象としたコンテンツであれば海外IPアドレスから投稿を全面的に禁止することで、ほぼすべてのスパム投稿はブロック可能です。
ただし同時に海外に住む日本人や海外旅行中の訪問者などは投稿ができなくなりますので注意が必要です。

海外IPアドレスのブロックが難しい場合には、Captchaと呼ばれる画像を使った認証方法が有効です。
Captchaは画像に書かれている数字を入力欄に正しく入れた場合のみ投稿を可能とするもので画像を見ることができないコンピュータによる自動投稿を防ぐことができます。
最近では画像を認識するプログラムもありますので100%防ぐことはできませんが、まだまだ認識できないことも多いため、それなりの効果は期待できます。

まとめ


スパム投稿は放置すると増える傾向がありますので、見つけ次第、直ちに削除することが有効です。
またコメントを受け付ける必要がない箇所ではコメント欄自体を削除するなど迷惑投稿をしやすい環境を作らないことが大切です。

かんたんホームぺージ作成Grupo」において提供しているサービスでは標準で
スパムフィルタを備えておりますのでこちらを活用しますと簡単にブロックすることができます。