お知らせ
カテゴリーから探す
RSS RSS

ホームページを作ったのにお客が増えない?正しいホームページの活用法とは?

ビジネスにおいてホームページを開設する理由としては
まず「お客を増やしたい」「売上を向上させたい」などがあるかと思いますが短期的に結果出ず、断念されるという方が少なからずいらっしゃいます。

今回はビジネスにおけるホームページの活用法についてご紹介いたします。

ビジネス

開設してすぐ、アクセスが少ないのは仕方のないこと


最近はさすがに少なくなりましたが「ホームページを開設したら、アクセスが殺到して売上もアップするはず!」のような考えをする方がたまにいらっしゃいます。

ただ残念ながら、そのようなことはあまり期待できません。ホームページをアクセスされる手段しては検索エンジンによるキーワード検索がありますがこちらは新規のホームページの場合、安定して掲載されるまでは数か月かかると言われています。

また、検索エンジンは基本的にキーワードに合致し多くの方にとって有益であるページを上位に表示するため、開設したばかりのコンテンツの少ないホームページは上位に表示されにくいという理由もあります。

コンテンツが多く、長く運営されているホームページほど上位に掲載されやすくなりますので、すぐに諦めず長く続けることが重要です。

ホームページと各種広告は相性抜群


検索エンジンからのアクセスは開設したばかりではあまり望めないことは上記でご案内しましたが開設したばかりのホームページでも最大限の活用する方法として広告の併用があります。

広告はインターネットによるものでも新聞広告でもかまいませんがスペースに限りがあり、あまり多くの内容を伝えることができません。新聞の1面広告のような方法もありますが高額で簡単にできないというのは正直なところかと思います。

そこで限られた広告スペースを有効に活用することができるのがホームページです。
強くアピールしたいことだけを広告に掲載に後は、ホームページのURLを書いておけば興味がある方が自然にアクセスしてくれます。

もちろん、電話番号を書くだけでも多少効果が見込めますが、詳しくわからない状況で電話をするというのはなかなか勇気がいるものです。しつこく勧誘されるのでは?と心配する方もいるかもしれません。
また、若い世代などは電話すること自体に抵抗感を持っている方も少なくないためメッセージでやり取りができることもメリットであります。

ホームページの場合にはお店に連絡することなく自由に閲覧することが可能ですので料金やサービス内容を十分理解してから問い合わせことができ心理的なハードルを大きく下げることができます。

まとめ


新聞広告やラジオCM、ネット広告などは短期的に多くの方に知ってもらうことに向いているものです。
対してホームページでは自身(自社)の活動を深く長く知ってもらうことに向いています。

ホームページは単発ではなく育てていける宣伝手段ですので、ぜひ有効にご活用ください。
スペースに制限のないホームページは、自身(自社)の魅力を余すところなく伝えることができます。

「有料の広告は…」という方は、SNSなどでアピールし興味を持ってくれた方をホームページに誘導するという方法も有効です。