お知らせ
カテゴリーから探す
RSS RSS

メニューバーに増えすぎたコンテンツを整理したい

世間一般のホームページではメニュー部分には訪問者の大部分が
興味を示す見出しとなるコンテンツを4-6つ程度配置することが多いです。

できるだけ簡潔なタイトルで、なおかつ常時掲載するものをおすすめします。常時掲載とは常に表示するものを差し、例えば「第3回○○発表会について」といった期間限定で掲載するものはメニューバーにはおすすめできません。このような場合には「イベント」というタイトルのページを用意しその中に「第3回○○発表会について」というコンテンツを配置することが一般的です。

ビジネスサイトであれば「サービス紹介」「商品一覧」「料金表」「アクセス(住所等)」などが
メニューバーに表示するコンテンツとして最適と考えられます。

残りのコンテンツはフッターメニューやサイドメニュー、グループコンテンツに移動することで全体的に見やすくスッキリしたレイアウトにすることができます。

トップページ


トップページの中央部分に表示されるリンクメニューは1ページで内容が完結するコンテンツを設置する場所として最適です。メニューバーは商品一覧のような配下に多数のグループコンテンツを有する場合におすすめですがトップページ内では「組織概要」や「代表挨拶」など、重要ではあるものの他のページとつながりを持たないコンテンツを設置する場所として優れています。
設定手順はこちらをご覧ください

フッターメニュー


画面下に表示されるメニューのことです。多数のコンテンツを配置できるため絶対に見てほしいものではないが探した時にすぐ見つけられることが好ましいものを配置するのに適しています。例としては 会社概要、採用情報、利用規約、リンク集、よくある質問(Q&A)、スタッフブログ 等が考えられます。
設定手順はこちらをご覧ください

サイドメニュー


サイドバーに部分に配置するメニューのことです。こちらに配置をする場合にはバックコンテンツとした作成したものをサイドバーパーツ「リンクメニュー」を使いまとめて配置します。「○○○について」や「○○○とは?」といった比較的ごちゃごちゃした項目や長いタイトルがつくものをまとめる際に適しています。
設定手順はこちらをご覧ください

グループコンテンツ


メニューバーに配置したコンテンツに所属するコンテンツを配置します。例えば商品一覧のグループコンテンツであればジャンルごとの商品紹介ページを配置することなどが考えられます。
設定手順はこちらをご覧ください

その他の方法


どうしてもコンテンツを整理できない場合には、「スタンダード」タイプのテンプレートを選択することをおすすめいたします。スタンダートタイプのテンプレートではメニューを2行表示したり、自動集約して表示する機能があるため、コンテンツが多すぎる場合でも不自然な表示になりません。
参考になりましたか?