お知らせ
カテゴリーから探す
RSS RSS

挿入した独自HTMLが正しく動作しない

ユーザーが独自に使用しているHTMLが正しく動作しない場合には下記の理由が考えられます。

構文が間違っている


理由として一番多いのがこちらです。Grupo のホームページは最新技術のHTML5で構成されています。
挿入したHTMLがHTML5の仕様に順守しているかをご確認ください。

改行コードが挿入されている


JSなどのコードが複数行に及んでいる場合、行の最後に改行コードが自動挿入されることで正しい動作しないことが考えられます。
コードを1行にまとめるか、オリジナルページの場合には『自動改行しない』にチェックを入れることで解決できる可能性があります。

他のコードの干渉している


特にJS等の場合、挿入されたコードがページ自体の構成するためのコードに干渉することで正しく動作しないケースがあります。干渉している部分のコートを修正することで解決できる可能性があります。

HTMLの利用が許可されていない


挿入したHTMLがそのままの形でWeb上に公開される場合には、その部分のHTMLの利用が許可されていない可能性があります。
Grupo では、殆どの部分でHTMLの使用が可能ですが通常の利用においてHTMLを入れることが想定されてない入力欄やHTMLの利用がセキュリティ上の問題となるような一部箇所では使用できない場合があります。

--------------------------

なおHTMLは使用方法を間違えますとページが正しく表示できなくなる恐れがあります。
通常のメールサポートはHTMLの使用方法についてはお答えしておりませんので知識があり自己の責任において正しく使用できる方のみご利用ください。(※コンシェルジュサービスについて有償でのサポートは行っています)
参考になりましたか?
関連する内容
-- 関連する情報は見つかりませんでした --